1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.5.24

Footprint is oldest found in the Americasチリでアメリカ大陸最古の足跡発見

このページを印刷する

研究者によると、チリ南部で発見された1万5,600年前の足跡がこれまでアメリカ大陸で発見された中で最古のものであると考えられるという。この足跡は、2010年に初めて発見された。

科学者は長年をかけて、この足跡が他の種類の動物のものである可能性を排除し、この化石の推定年数を決定しようと取り組んできた。

この研究を監督してきたアウストラル・デ・チリ大学の古生物学者カレン・モレノ氏は、研究者はこの足跡は人類の存在を示す証拠だと結論づけたと述べた。

モレノ氏は、これは1万2,000年以上前にアメリカ大陸に人類が存在したことを示す初の証拠だと語った。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み