1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.14

Moon becoming ‘skinnier,’ according to study「月、縮んでいる」 NASA が発表

このページを印刷する

5月13日に掲載されたアメリカ航空宇宙局(NASA)の「ルナー・リコナイサンス・オービター(LRO)」が撮影した画像の分析によると、月は着実に縮んでおり、月面にしわができたり、揺れが起きたりしているという。1万2,000枚以上の画像を調査した結果、月の北極近くにある月盆地「マレ・フリゴリス(氷の海)」はひびができていて、移動していることが明らかになった。地球とは異なり、月には地殻変動するプレートがなく、その代わりに45億年前に月が形成されてから徐々に熱を失っていることで地殻活動が生じる。これにより、まるでブドウがしなびてレーズンになるように月の表面にしわができている。その結果、月は過去数億年をかけて約50メートルやせてきた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み