1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.6.28

Invasive species can cause extinction: study外来種、在来種の絶滅誘発も

このページを印刷する

生息地が変化することの危険性を際立たせた新しい研究によると、侵略的外来種は、新しく見つけた隣人たちを捕食することはないとしても、環境を激変させ、絶滅を引き起こす可能性があるという。

一連の離島に生息するトカゲに関する6年間の研究で、捕食者の到来はそれまでは平穏に共存していた種を共通の安全な場所に集まらせ、破壊的になりうる競争を生むことが分かった。

食物連鎖の下位の動物を食べる捕食者は、特定の被食者による生息環境の独占を防ぐことで、生態的多様性を促進するとする長い間有力とされてきた説に、今回の研究は異を唱えている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み