1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.12

500 vultures die eating poisoned elephants絶滅懸念のハゲワシ、500羽以上死ぬ

このページを印刷する

絶滅危惧種になっている500羽以上のハゲワシが、ボツワナで密猟者によって殺された3頭のゾウの死骸を食べた毒で死んでいたと、政府が声明で発表した。

合計537羽のハゲワシが2羽のソウゲンワシとともにこのアフリカの国(ボツワナのこと)の北部にある現場で死亡しているのが確認された。

ボツワナの国立公園・野生生物局は、死んだハゲワシがいつ見つかったのか、なぜ3頭のゾウは死んだ後で毒を混入されていたのかは明らかにしなかった。しかし、密猟者はハゲタカをターゲットにして死骸に毒を混入することで知られている。ハゲタカは空で輪を描いて飛んで、密猟対策部隊が密漁を追跡するのに役立つからだ。

死んでいた鳥のほとんどはコシジロハゲワシだった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み