1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.12

NASA will fly a drone to Titan to search for lifeNASA、ドローンで土星の衛星調査へ

このページを印刷する

我々の太陽系での次のミッションとして、アメリカ航空宇宙局(NASA)は生命の構成要素を探って、土星の最大の衛星「タイタン」にドローン型のヘリコプターを飛ばす計画をしていると、同局は6月27日に発表した。

「ドラゴンフライ」のミッションは、2026年に開始され、2034年に着陸する予定で、回転翼航空機を送り、氷で覆われた衛星(タイタンのこと)上の多数の場所を飛ばせる。この衛星にはかなりの大気があり、科学者は原始の地球に匹敵するとみている。

それは地球以外で唯一、液体の川、湖、海が地表にある天体だが、それらは水ではなくメタンやエタンといった炭化水素を含んでいる。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み