1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.12

Humans helped develop ‘sad puppy dog eyes’犬に「困ったような表情」させたのは人か

このページを印刷する

あの抗いがたい子犬の目つきの背景には何があるのだろうか? 新しい研究は、数万年間の犬の家畜化の過程で、訴えるような悲しそうな表情をやりとげる犬を人間が好んだことを示唆した。そして、このことがそうした表情を作る表情筋の発達を促したという。

現在、犬たちは眉毛を上げて、子犬のような表情をするのにその筋肉を使う。その筋肉は、犬の祖先であるオオカミには実質的に存在していなかった。研究者は、犬は比較的短い3万3,000年の家畜化の過程で、コミュニケーションを取るために、おそらく彼らにエサを与えるように、もしくは彼らの世話をするように—あるいは少なくとも遊びに連れて行ってくれるように—駆り立てるため、この目の筋肉を使ったと考えている。そして人間は、もしかすると無意識に、それに応じていた。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み