1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.7.26

Link between hormone therapy, dementia: study前立腺がんのホルモン療法で認知症リスク増

このページを印刷する

アルツハイマー病は、ホルモン抑制治療を受けている高齢の前立腺がん患者にとってリスクになるかもしれないことが、アメリカ政府からの資金援助を受けた大規模な分析で分かった。

これまでの証拠では、その治療が認知機能の低下に関連するかどうかについて矛盾があった。

しかし、専門家は、今回の新しい研究結果は、権威のある国立がんデータベースからのもので、調査対象となった男性患者らは長期—平均8年—追跡調査を受けているため、突出していると述べている。

15万4,000人以上の高齢患者のうち、ホルモン抑制治療を受けた人の13%がアルツハイマー病を発症し、これに対して、他の治療法を受けたか、もしくは何も治療を受けないことを選択した人ではアルツハイマー病の発症率が9%だったとこの研究は明らかにしている。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み