1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.9

Healthy lifestyle may cut Alzheimer’s risk認知症リスク、生活習慣で低減か

このページを印刷する

健康的な暮らしはアルツハイマー病やその他の形態の認知症の発症リスクを低減するかもしれず、たとえこれらの認知機能を破壊する、病気のリスクを高める遺伝子を持っている人でもそうだと、ある大規模な研究が発見した。

遺伝子リスクが高く、健康的な習慣の乏しい人々は、遺伝子リスクが低く、習慣の良い人と比べて3倍ほど認知症を発症するリスクが高かったと、研究者が7月14日に発表した。どれだけ遺伝子リスクが高いかどうかにかかわらず、よい食事、適切な運動、アルコール摂取の制限、禁煙は、認知症を発症しにくくしていた。

この研究結果は、『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション』がインターネット上で公開した。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み