1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.23

Cutting red meat could aid cancer treatmentアミノ酸制限、がん治療に効果

このページを印刷する

食事はすでに、糖尿病や高血圧といった疾病を管理する重要な一部となっているが、食事はがん治療にも役立つ可能性があるという証拠が増える中、新しい研究がまた1つ新たな証拠を追加した。

8月1日に『ネイチャー』誌に発表されたこの研究では、赤肉と卵に含まれるアミノ酸の摂取量を制限することでマウスでのがん治療の効果が著しく高まり、腫瘍の成長を遅くすることが分かった。

「この研究が示しているのは、薬がそれ自体では効かないが、薬と食事を組み合わせれば効く状況が多くあることを示している」と研究を指揮したデューク大学医学部のジェイソン・ロカセール准教授は述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み