1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.8.23

Artificial tongue can tell different tastes味を判別する人工の「舌」を開発

このページを印刷する

科学者らは8月5日、ウィスキーの繊細な違いを識別する人工の「舌」を考案したことを明らかにした。

小型テイスターを開発したグラスゴー大学の専門家らは、この装置は、別のたるで寝かせた同じブランドのものでさえ、99%以上の正確さで違いを区別することができると述べた。12年ものと15年もの、18年もののウィスキーの違いも識別できる。

この技術は、複雑な化学物質の混合物の違いを識別できる。

これは、品質管理だけでなく、増える偽物の酒類取引への対策にも活用できる。この手法は、複数の極めて高値のウィスキーが偽物だったことも突き止めた。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み