1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.13

Drinking microplastics OK, for now: WHO飲料水のマイクロプラ、現状では無害

このページを印刷する

世界保健機関(WHO)は、飲料水中のマイクロプラスチックの濃度は危険があるようには見えないが、研究が不十分で、環境と健康への影響についてはさらなる研究が必要だと発表した。

マイクロプラスチックは、厳密な科学的定義はないが、人工の素材が約5ミリ以下の小さな破片へと崩壊していったときにできる。

8月21日に発表された報告で、この国連の保健機関(WHOのこと)は、微小なプラスチックは「環境中に偏在し」ており、水道水もボトル入り飲料水も含めて飲料水中に見つかっており、水の処理と流通システムの結果である可能性が高い。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み