1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.27

Cancer the top cause of death in rich countries高所得国の死因、がんがトップに

このページを印刷する

高所得国において、がんが心疾患を抜いて死亡原因のトップとなり、現在の傾向が続けばわずか数十年以内に世界最大の死因になりうると、研究者は9月3日に発表した。

科学者は、この調査結果は、異なる種類の慢性疾患の間で新しい世界的な「疫学の変化」を示す証拠を示していると述べた。心疾患は、今のところ、世界の中年成人の死亡原因のトップだが―全ての死亡の40%を占める―、高所得国においてはもはやそうではなく、がんが心疾患で死亡する人の2倍以上の人を死なせていることが、調査結果で明らかになった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み