1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.27

Chinese firm creates the first cloned kitten「クローン猫」、中国で誕生

このページを印刷する

黄雨さんのペットの猫「ガーリック」が死んでから7ヵ月後、このブリティッシュショートヘア(「ガーリック」のこと)は10回目の生命を与えられた。7月21日に生まれた新しい「ガーリック」は、中国企業「シノジーン」によって生成され、北京を拠点とするこの会社がクローン化に成功した初の猫になった。

このペットクローン化企業(「シノジーン」のこと)は、40匹以上のペットの犬を生成してきた―その行為には38万元(570万円)という高額な費用がかかる。他方、猫のクローン化にかかる値段は25万元(370万円)になる。

同社の米継東CEOは、高い値札にもかかわらず、依頼者全員が高収入の人ではないと話した。「実際には、顧客の大部分は、ここ数年以内に卒業したばかりの若者だ」と米CEOは述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み