1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.9.27

DNA hints Loch Ness ‘monster’ may be giant eelネッシーの正体、巨大ウナギか

このページを印刷する

スコットランドの伝説的なネス湖の怪物はもしかすると巨大ウナギかもしれないと、この湖の冷水のDNAの痕跡を集中的に分析した後で科学者は9月5日に発表した。

この結果は、恐竜のような巨大生物の存在可能性を除外したと、科学者は述べた。しかし、湖の中にはウナギのDNAが多数存在したと、ニュージーランドのオタゴ大学の遺伝学者ニール・ジェメル氏は報道陣に語った。「ウナギはこの湖の生態系にはとても豊富に存在している―私たちが行って試料を採取したどの地点にもほとんどウナギの痕跡があり、その莫大な量にはちょっと驚かされた」とジェメル氏は述べた。

ジェメル氏は、巨大ウナギが数十年間この湖にいたかもしれないという考えはあるが、これまでにだれも巨大ウナギを捕った人はいないと指摘した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み