1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.10.25

Paralyzed man walks with powered exoskeleton四肢まひの男性、パワードスーツで歩行成功

このページを印刷する

ナイトクラブでの事故で身体が麻ひしたフランス人の男性は脳で制御するパワードスーツのおかげで再び歩くことができるようになり、科学者はこのことを10月2日、身体を再び動かせるようにしようと模索している四肢麻痺患者に希望を与えるものだと述べた。

リヨンのチボーさん(28)と名前だけが明かされたこの患者は、このロボット機器を使って歩行する前、自分の脳信号を用いてコンピューターでシミュレーションしたアバター(人を具現化したイメージ)を制御して基本的な動きをさせる訓練を数ヵ月間行なった。

実験を行なった医師は、この機器が一般で利用できるようになるのは何年も先だと警告したが、これには「患者の生活の質と自主性を向上する可能性が」あると強調した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み