1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.11.8

SUVs driving huge rise in CO2 emissions: IEACO2 排出量の増加、SUV に起因

このページを印刷する

スポーツ用多目的車(SUV)の根強い人気が、この車を近年の二酸化炭素排出量の増加に、エネルギー分野に次いで2番目に大きい原因になっていると、国際エネルギー機関(IEA)のトップは10月16日に指摘した。

11月に発表される予定のIEAの報告書によると、SUVは2010年から2018年の間に大気中に約7億トンの二酸化炭素をまき散らし、その量はエネルギー産業における排出量の半分近くだったという。

SUVは、鉄やスチールといった重工業分野からの排出量も上回り、トラック、航空機、船舶—気候変動の活動家から非難を受けている汚染の大きいその他の交通手段—から排出される二酸化炭素をはるかに追い越していた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み