1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.12.13

Toshiba device detects cancer in drop of blood血液1滴でがん検査可能に、東芝

このページを印刷する

東芝は11月25日、13種類のがん—胃がん、食道がん、肺がん、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、腸がん、卵巣がん、前立腺がん、膀胱がん、乳がん、肉腫、神経膠腫—を1滴の血液から99%の精度で検出できる技術を開発したと発表した。

国立がん研究センターと東京医科大学と共同でこの診断法を開発した東芝は、実証実験を来年開始した後、「数年」以内にこれを商用利用可能にしたいと考えている。

東芝は2時間以下で診断ができる半導体と小型機器を開発した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み