1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2019.12.27

Hot weather linked to rise in early childbirths気温上昇すると早産増える、米研究

このページを印刷する

高温気象は早産する新生児の数を急増させる可能性があり、乳児の健康を損ない、気候変動のせいで気温が上がるにつれて悪化する可能性がある現象だと、科学者は12月2日に発表した。

カリフォルニアの研究者らは、アメリカで1969年から1988年の間の平均よりも温暖な期間に平均2万5,000人の子どもが最大2週間早く生まれていたと述べた—年間15万日の妊娠日の喪失に匹敵する。

気温が高くなるとなぜ母親が早く陣痛を起こすようになるのかは定かではないが、『ネイチャー・リサーチ・ジャーナルズ』に掲載された研究論文の執筆者は、早産は深刻な懸念だと述べた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み