1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.10

Pollution-linked deaths greatest in India環境汚染の関連死、インドが世界最多

このページを印刷する

空気、水、職場の汚染物質の世界的な影響を推定した12月18日発表の報告書によると、汚染の関連死でインドが世界のトップだったという。

「Global Alliance on Health and Pollution(健康と汚染に関する国際アライアンス)」によるこの報告書は、汚染が早死にをもたらしている地球上で最大の環境要因となっていることを明らかにし、全ての死の15%―約830万人―の死を引き起こしているという。

インドと中国が汚染の関連死の発生数で上位となっており、それぞれ約230万人、約180万人が死亡していて、その後にナイジェリアとインドネシア、パキスタンが続いた。

人口3億2,500万人のアメリカは20万人近くが死亡しており、7位に入った。

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

speakbuddy

AI英会話アプリSpeakBuddy | 音声認識機能搭載の英語学習でスピーキング、リスニング力が上達!

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み