1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.1.24

Eclipse wows sky-watchers from Mideast to Asia金環日食、中東から東南アジアで観測

このページを印刷する

サウジアラビアからオマーン、インド、シンガポールに至るまで、空を観察する人たちは、珍しい「火の輪」のもてなしを受けた。12月26日に金環日食が起こり、この日、月が地球からすっぽりと太陽を隠すほどの近さにならない距離になり、太陽の円盤から細い輪を残した。このタイプの日食は1年か2年に1度起こるものの、地球の細い帯状の地域でしか観ることができず、同じパターンが繰り返されるまで数十年かかることもある。

インド南部では、この天体イベントを観るためにタミル・ナードゥ州のビーチに集まった。日食はクリケットにも影響を与え、ムンバイ対ラージコートの第1クラスの試合が2時間繰り下げられた。

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み