1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.14

First transplant of iPS heart cells carried outiPS 細胞の心筋、初移植

このページを印刷する

日本の医科大学の教授が率いる研究チームは1月27日、iPS細胞として知られている幹細胞から人工的に作成された心筋組織を移植する世界初の手術を実施したと発表した。

この移植手術は、重度の心臓機能障害を抱える患者における治療の効果と安全性を研究する臨床試験で、1月27日に行なわれたと、大阪大学医学部の澤芳樹教授は述べた。

iPS細胞の移植が心臓移植の代替となるだろうと期待されている。

この臨床試験による治療は、虚血性心筋症患者10人に施された。この症状は、心臓の筋肉が動脈の血液の凝固のせいで十分な血液を得られないというものだ。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み