1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.14

Red Sea huge source of air pollution: research紅海、大気汚染の大規模発生源

このページを印刷する

紅海の海底から吹き上げられている炭化水素ガスは、化石燃料の大輸出国のいくつかの排出量に匹敵する割合で大気を汚染していると、研究者は1月28日に述べた。

ガスはこの水域—エジプト、イスラエル、ヨルダン、サウジアラビアを含む複数の国の港やリゾート地に囲まれている—から漏れ出しており、その後、工業船舶から出されている排出物と混ざって、人間の健康に非常に有害な有毒汚染物質になっている。

調査チームは、このエタンとプロパンの流出率は、アラブ首長国連邦やクウェートといったいくつかの炭化水素輸出国の排出量と「規模で匹敵する」と算出した。

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み