1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.14

Runestone may reflect fears of climate disasterルーン石碑、気候変動への懸念か

このページを印刷する

スウェーデンの学者チームによる新しい研究によると、バイキング時代の有名なルーン石碑に書かれた文書は、近づきつつある気候変動への懸念について、9世紀にスカンジナビア地方において言及していた可能性があるという。

スウェーデン中部のヴェッテルン湖の近くにあるレーク石碑は、知られている中で世界で最も長いルーン文字の銘文と考えられているものが書かれている。それは、古ドイツ語のアルファベット文字であるルーン文字700字以上から成っている。

この銘文を解釈するためにチームを組んだスウェーデンの学者4人は、長い間、重さ5トン、高さ2.5メートルのこの石碑が立てられた理由として考えられてきた軍事的な戦争ではなく、自然の脅威について複数の節が取り上げていると仮定した。

 

全訳トップへ戻る

Sponsored contents

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み