1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.28

Sun’s surface revealed in closest detail yet太陽の高解像度画像を公開

このページを印刷する

ハワイのマウイ島のハレアカラ火山の山頂付近に設置された国立科学財団のダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡による画像は、太陽の表面を史上最高の解像度で示し、直径30キロほどの狭い範囲の特徴を明らかにした。

口径約4メートルのこの望遠鏡—こうした望遠鏡としては世界最大—は、太陽を覆っているガスが荒れ狂い「沸騰する」模様を映し出した。太陽は地球から1億4,700万キロ離れている。

それぞれアメリカのテキサス州ほどの大きさの目に見える細胞のような構造の中に、熱いプラズマが上がった後、表面の下に黒い筋になって冷えて沈む。これは対流と呼ばれる現象の一部だ。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み