1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.2.28

Quitting smoking reverses lung cell damage禁煙で健康な肺細胞が増える

このページを印刷する

喫煙者は喫煙習慣を絶つことで効果的に肺の時間を戻すことができ、健康な細胞が出現し、タバコでダメージを受けた細胞や発がん性の細胞のいくつかに代わると、新しい研究が示した。

喫煙者は長い間、肺がんといった病気を発症するリスクは禁煙できれば低下し、禁煙は身体への新たなダメージを防ぐと言われてきた。

しかし、『ネイチャー』誌に1月30日に掲載された研究は、禁煙の効果はさらにその先を行き、喫煙者がタバコを止めると、喫煙したことのない人に見られるものと似た健康な細胞の貯蓄を活用して喫煙者の肺にできている喫煙によるダメージを受けた細胞と入れ替わるようだということを発見した。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み