1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.13

Micro-pollution ravaging China and South AsiaPM2.5汚染が最悪の都市、中国とインドに集中

このページを印刷する

死者を出す微小粒子状物質による世界最高レベルの大気汚染に見舞われている200都市のうち、90%近くが中国とインドにあり、残りのほとんどはパキスタンとインドネシアとなっていると、研究者が2月25日に報告した。

IQエアとグリーンピースが共同発表した『世界大気の質報告書』によると、人口を加味すれば、いわゆるPM2.5による大気汚染が最悪な水準にある国としてバングラデシュが浮上しており、その後には、パキスタン、モンゴル、アフガニスタン、インドが続いているという。

直径わずか2.5ミクロン—人間の髪の毛の幅の30分の1ほど—以下の微粒子物質は、呼吸器官から血流に入り込むほどの小ささで、ぜんそくや肺がん、心臓疾患を引き起こす。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み