1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.13

Cancer patient has baby using years-frozen egg世界初、冷凍保存の卵子で出産

このページを印刷する

がん治療で不妊になった女性が、自身の卵子の1つを成熟させてから凍結し、それから—5年後に—解凍して、受精させ、世界で初めて出産したと、フランスの研究者が報告した。

2月19日に『腫瘍学年報』で発表されたこの研究は、乳がんの化学療法を受けた34歳のフランス人女性の元に、ジュールさんと名付けられた健康な赤ちゃんが昨年7月6日にどのようにして誕生したかを詳しく書いている。

治療が始まる前に、医師は彼女の卵巣から7つの未熟卵子を取り出し、未成熟卵子を体外で成熟させる「IVM」と呼ばれる技術を用いて、研究室で卵子をさらに成熟させた。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み