1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.3.13

Jellyfish hurls ‘venom grenades’ to snare preyサカサクラゲ、相手に触れずに刺す

このページを印刷する

クラゲの一種は、「ヒリヒリする水」を生み出す「毒入り手りゅう弾」を投げて獲物を狩ると、科学者が2月13日に発表し、このクラゲが触手なしでどうやって食べ物を集めているのかについて長い間あった謎を解決した。

フロリダ州やカリブ海、ミクロネシア周辺の浅水域で見つかるサカサクラゲの一種Cassiopea xamachanaは、この生き物に触っていないのに刺されたと思われるシュノーケラーやサーファーをたびたび悩ませている。

この生き物は、あお向けになり、毒を多く含む粘液の小球を頭上の水中に投げつける。この毒は人間に重度のリスクをもたらすほど強くはないが、肌の細胞を破壊し、より小さな生物には死をもたらす。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み