1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.10

Cloudy with chance of iron rain in faraway world390光年先の惑星、鉄の雨が降っている

このページを印刷する

390光年離れた熱い木星のような惑星で鉄の粒で満ちた雲を検出したスイスとその他のヨーロッパの国の天文学者によると、遠く離れた世界では、いつも曇っていて鉄の雨が降る可能性があるという。

この惑星は、太陽に向いている側がとても熱く—2,400℃ある—、鉄が大気中に蒸発している。温度がより低いこの惑星の夜の側で鉄は凝結し、ほぼ確実に雨となっている。「空から金属の粒が降っているようなもの」と、この研究に参加したジュネーブ大学のクリストフ・ロヴィス氏は述べた。

『ネイチャー』誌に掲載された研究によると、鉄の雨は極めて濃く、かなり強烈な威力があるという。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み