1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.4.10

Fossil reveals early ancestor of modern birds6,670万年前の化石、鳥の祖先として史上最古か

このページを印刷する

「ワンダーチキン」の愛称で呼ばれる極小の化石の頭蓋骨は、現在の鳥の初期の祖先を垣間見る稀な機会を科学者に与えた。現代の鳥の化石として知られているなかで最古かもしれない。

現在の鶏のような鳥に似た顔を持ち、生きたアヒルに似た鳥のような背を持つ「ワンダーチキン」は、「現生鳥類の家系図の下部に近い」とケンブリッジ大学のダニエル・フィールド氏は述べた。

フィールド氏をはじめとする科学者は3月18日に『ネイチャー』誌で発表された報告でこの発見を明らかにした。ベルギーで発見されたこの化石は、6,670万年から6,680万年前のものだ。研究者は、足の骨からこの生き物が体重わずか395グラムほどのとても小さなアヒルくらいの大きさだと推定した。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み