1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.12

Scientists spot alien planet being formed研究者、惑星誕生の過程を初観測

このページを印刷する

天文学者は、星の産科病棟と見られるものをのぞき込み、新たに形成される星を囲む濃密なガスとチリの巨大な円盤の中に惑星が誕生する様子を初めて観測した。

この大きな若い惑星は、太陽の約2.4倍の質量があり、地球から約520光年の距離にある「ぎょしゃ座AB星」と呼ばれる恒星の周りで形成されていると、研究者は5月20日に述べた。

4,000以上の惑星が、われわれの太陽系の外にある恒星の周りを周回しているのが発見されている。科学者は、新しい恒星を取り囲むこうした円盤の中で冷たいガスとチリが固まってどのようにこれらの星が誕生するのか、さらに知りたいと考えている。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み