1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.12

Find reveals earliest evidence of Homo sapiens欧州最古の人類、ブルガリアで発見

このページを印刷する

科学者は、ブルガリアの洞窟で発見された骨の破片と1本の歯は、ヨーロッパ大陸にホモ・サピエンス—現生人類—が存在していたことを示す、証明されている中で最古のものであることを明らかにしたと述べた。 

この発見物は「ホモサピエンスが初めて中東からヨーロッパに到着し、ネアンデルタール人の共に暮らしていた、5,000年から1万年続いた時代」までさかのぼると、ブルガリア科学アカデミー考古学研究所のニコライ・シラコフ教授は5月12日に語った。

『ネイチャー』誌と『ネイチャー・エコロジー&エボリューション』誌に掲載されたこの発見物に関する研究は、ホモサピエンスが約4万5,000年ほど前にこの地域に存在していたことを示している。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み