1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.12

Asteroid hit Earth at ‘deadliest possible’ angle恐竜絶滅、小惑星の衝突角度は「最も致命的な」60度

このページを印刷する

私たちが知っていたのはここまでだ:約6,600万年前、直径がパリの2倍ほどの小惑星が地球に衝突し、地上に生息していた全恐竜と地球上の生物の75%を一掃した。

謎となっていたのは、直接ぶつかったのか、それともかすめる打撃だったのかということと、そのどちらのほうがさらに破壊的だったのかということだ。

結局のところ、5月26日に『ネイチャー・コミュニケーションズ』誌に発表された研究論文によると、この巨大な宇宙の隕石は「最も致命的な」角度—60度—で衝突したという。

その激変的な影響は、気候を急激に変動させるのに十分ながれきとガスを上空の大気に舞い上げ、ティラノサウルス・レックスとこの恐竜が捕獲していた全てのものを絶滅へと運命づけた。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み