1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.26

Tiny bronchi to help develop COVID-19 drug京大、「ミニ気管支」を作製

このページを印刷する

最近インターネット上で発表された論文によると、日本の研究チームは、ヒトの細胞から気管支—肺へ空気を送り込む通路—のミニチュア版を作成することに成功し、新型コロナウイルスの研究と、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬の開発に役立つ可能性があるという。

京都大学iPS細胞研究所とその他の組織の研究者たちは、商用で入手可能な凍結保存されたヒトの気管支の上皮細胞から試験管内で直径0.2ミリの気管支を作成した。

この小さな臓器は、抗ウイルス薬の有効性を評価する試験で、単体の細胞よりもよいモデルとして役立つだろうと期待されている。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み