1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.26

DNA research reveals Dead Sea Scrolls mystery写本群「死海文書」、DNA 調査で由来解明

このページを印刷する

6月2日に発表された研究によると、「死海文書」のDNA調査で、古代の写本の全てが、それらが発見された砂漠に元々あったわけではないことが明らかになったという。

およそ900の写本は、1947年から1956年の間に死海周辺のクムラン洞窟で発見された。クムラン洞窟は、現在イスラエルが占拠するヨルダン川西岸地区にある。

羊皮紙とパピルスに書かれた文書は、ヘブライ語、ギリシャ語、アラム語などで書かれ、知られている中で最も古い聖書の一部もあり、現存する世界最古の「十戒」の写しも含まれる。

最新の研究では、洞窟周辺の地域に元々あったものではないものもあることが分かった。

 

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み