1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.6.26

Brazil led world in forest destruction in 2019原生熱帯雨林、2019年に大きく消失

このページを印刷する

広大な範囲の手つかずの熱帯雨林が3つの大陸で昨消えて、九州ほどの広さの範囲が畜牛や商用作物の栽培のために切り開かれるか焼き払われたと、研究者が6月2日に発表した。 

ブラジルは失われた面積の3分の1以上を占め、コンゴ共和国とインドネシアが大差での2位と3位となったと、「グローバル・フォレスト・ウオッチ」は年次報告書で衛星データに基づいて明らかにした。

3万8,000平方キロメートルが2019年に破壊され—6秒ごとにサッカー場1面分に相当する原生林—科学者たちが20年前に原生林の減少を追跡し始めて以来、3番目に壊滅的な年となった。

全訳トップへ戻る

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID(メールアドレス)・PWをお持ちの方
※Fujisanマガジンサービスでご契約の方もこちらから

メールアドレス
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコードをお持ちの方
※新聞販売店等でご購読・ご購入の方はこちらから

※初回ご利用の際には、Fujisanマガジンサービスにて、メルマガ会員へのご登録が必要です。

Alpha Passコード

メールアドレス・パスワードの入力も必要です。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み