1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.7.24

Rabbits may help rebuild human uteruses細胞組織工学でウサギの子宮を修復

このページを印刷する

生物工学の発達は、ひどく損傷したウサギの子宮の細胞組織工学を通じた修復に役立つかもしれないと、研究者は6月29日に発表された論文の中で明らかにした。

この画期的な発見は、いわゆる子宮因子の不妊に苦しんでいる女性の部分的な再生に希望を与えるだろうと科学者たちは考えている。子宮因子の不妊は、不妊全体の約6%を占めている。

現在、この状態の女性が出産する唯一の方法は、子宮を移植することだ。

同様の生物工学技術は人間のぼうこう、尿道、膣にはすでに使われているが、人間の子宮はまだこの技術を使っては修復されていない。

 

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み