1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.8.14

Climate change may kill off polar bears by 2100ホッキョクグマ、温暖化で2100年までに絶滅の危機

このページを印刷する

7月20日に発表された研究によると、気候変動はホッキョクグマを飢えさせ、絶滅に追い込んでいるという。この研究は、この頂点捕食者(ホッキョクグマのこと)が人間の寿命の長さの間に消滅するも同然である可能性があると予測した。

海氷の減少でホッキョクグマがアザラシの狩りをする時期が短くなり、一部の地域ではすでにホッキョクグマは悪循環に陥っていると、科学者は『ネイチャー・クライメート・チェンジ』誌で報告した。

最近の傾向では、分析された13の個体群のうち12の個体群のホッキョクグマが北極圏の急速なペースで進む変化によって80年以内に滅びるだろうとこの研究論文は結論づけた。北極圏では地球全体の2倍の速度で温暖化が進んでいる。

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み