1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.8.28

Study looks at best and worst face masksマスクの種類別に効果を検証、着けない方がましなものも

このページを印刷する

デューク大学の科学者チームによる研究は、一般的に手に入る14種類のマスクをランク付けし、医療用のマスクはコットン製のマスクよりも飛沫の拡散防止に効果が著しく高く―バンダナはそれほどでもなかった―ことが分かった。 

ぴったりフィットするN95マスクは飛沫の通過を0.1%以下に減らした。サージカルマスクやポリプロピレン製のマスクは、全く顔を覆わなかった場合と比較して90%飛沫を低下させた。手作りのコットン製のマスクは、層の数と折り目によって異なるが、70~90%飛沫を除去した。 

バンダナは飛沫の通過を約50%減少させ、ネックフリースは実は、おそらく大きな飛沫をたくさんの小さな飛沫に分散させることで、飛沫を増加させた。 

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み