1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.8.28

CDC predicts outbreak of rare childhood disease謎の小児疾患、再び急増の恐れ

このページを印刷する

主に子どもだけに影響を与え、不思議なことに2年おきに発生するまれな神経系の症状が今後数週間から数ヵ月の間に急増しそうだと、アメリカの保健当局が8月4日に警告した。 

アメリカ疾病対策センター(CDC)は、同センターでは「2020年は急性弛緩性脊髄炎(AFM)の発症件数が再びピークとなる年になるだろうと予測している」と発表した。 

ウイルスによって引き起こされると思われるこの病気は、呼吸器不全から永久的なまひや命の危険のある合併症につながる場合があると、CDCは述べた。 

AFM2014年以降、8月から11月にかけて2年おきにピークを迎えている。2018年には、アメリカで238件が確認された。 

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み