1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.8.28

Dinosaurs got cancer too, say scientists恐竜もがんになる、化石で痕跡を初めて確認 

このページを印刷する

がんの知られる限り初めての恐竜のがん例を確認した新しい研究で、恐竜もこの体を衰弱させる病に苦しんでいたことが分かった。 

1989年にカナダのアルバータ州の荒れ地で発掘された「セントロサウルス」のひどい奇形の足の骨は当初、古生物学者たちには治癒した骨折だと思われていた。 

しかし、その腫瘍を顕微鏡で改めて検査し、人間のがん治療でも使われる技術を使用したところ、これは実は悪性の腫瘍だったと判定された。この研究成果は、『ランセット・オンコロジー』誌8月号に掲載された。 

ほとんどのがんは柔らかい細胞で発生し、こうした細胞は化石の記録には良い状態で保存されていないと、論文の共著者のマーク・クラウザー氏は指摘した。 

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み