1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.9.11

Once thought gone, elusive shrew still lives消滅状態だったハネジネズミ、50年ぶりに確認

このページを印刷する

科学者らは半世紀の間、ソマリハネジネズミが地球上から消滅してしまったと恐れていた。
しかし、象の鼻に似た探るような鼻のあるこの小さなほ乳類は、「アフリカの角」と呼ばれる地域の乾燥した岩場で静かに生きていたと、科学者らは8月18日に明らかにした。
この見つけにくい、昆虫を食べる生き物はセンギ―ツチブタ、ゾウ、マナティーなどの遠い親戚にあたる―とも呼ばれ、大きさはネズミくらいで、時速約30キロの速さで走ることができる力強い脚を持つ。
彼らの発見は、ソマリハネジネズミが「今も現存し」、ソマリアの国境のはるか彼方で生きていることを証明したと、研究者らは『PeerJ』誌で発表された研究論文の中で述べた。

DEEP DIVE From The Japan Times

週1回更新、すべて無料! 日本の様々な話題を英語で掘り下げるThe Japan TimesのPodcast。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み