1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.9.25

CO2 makes trees live fast and die young: study成長速い木、寿命が短いと判明

このページを印刷する

成長の速い木は寿命が短いと、9月8日に科学者らが発表した。

研究者らは、現在の気候モデルは森林が今世紀ずっと炭素吸収源として活躍し続けると予想していると述べた。高い気温と二酸化炭素濃度が、木の成長を促進し、早く成熟させることでさらに多くの炭素を吸収するのに役立つと考えられることからだ。しかし、イギリスのリーズ大学がリードし、『ネイチャー・コミュニケーションズ』誌に掲載されたこの研究で、研究者らは、成長が速まることは木の短命化にもつながると警告した。

研究者らは、世界中のさまざまな種類の木々から20万本以上の年輪の記録を調査し、木の成長と寿命の間にトレードオフの関係がほぼ全ての木で発生していることが分かった。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み