1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.10.9

Helsinki Airport uses dogs to sniff out coronavirusコロナ感染嗅ぎ分ける探知犬、フィンランドで試験運用

このページを印刷する

フィンランドは主要な国際空港に新型コロナウイルスを嗅ぎ分ける犬を配備した。これは感染した旅行者を特定する迅速でコストがあまりかからない方法となりうる代替検査方法の4ヵ月間にわたる実証実験だ。 
   
フィンランドの「スメル・ディテクション・アソシエーション」に訓練された異なる犬種の4頭の犬は9月23日、政府が資金を提供する実証実験の一環としてヘルシンキ空港で仕事を開始した。

「もしこれがうまく行けば、他のどんな場所でも(新型コロナウイルスの)良いスクリーニング検査法になるだろう」と、ヘルシンキ大学でウマ科と小動物の医学を専門とするAnna Hielm-Bjorkman教授は述べ、訓練を受けた犬が仕事をするために鼻をきかせる場所として可能性のあるところに病院、港、スポーツ会場、文化イベントを挙げた。

広告の掲載について 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み