1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.10.23

Indian capital loses cleaner lockdown airロックダウンで改善の印首都大気汚染、再び悪化

このページを印刷する

インドで大気がきれいになった過去最長の期間は、世界で最も汚染された首都であるニューデリーで著しい大気質の悪化が記録された9月に終わった。この大気質の悪化は一部に農業者らが農産物廃棄物を焼却したことが原因となっている。この時点まで、ニューデリーとその近郊都市では、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるための全国的な厳しいロックダウン(都市封鎖)による小休止を享受していた。

しかし、経済活動の回復とやや早い農産物廃棄物の焼却の開始により、その空気は再び毒性を増した。ロイターによる政府データの分析によると、9月には、有毒なPM2.5の粒子の1立法メートルあたりの濃度は平均で47.64マイクログラムとなり、前年同時期よりも17%多くなったという。

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

70周年直前!スペシャルキャンペーン

新規お申し込みに限り今だけなんと月額定期購読 2か月間無料!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み