1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.12.11

10-year cancer survival rate in Japan risesがん診断の10年後の生存率、年々向上

このページを印刷する

2004年から2007年の間に日本でがんと診断された患者の10年後の生存率は58.3%で、前回の調査から1.1%ポイント向上したと、国立がん研究センターが明らかにした。この調査は、同センターが2000年頃にデータを収集し始めて以来、平均寿命が継続して改善されていることを示しており、同センターでは治療が受けやすくなったことによるものとしている。

生存率の向上は、新しい治療法の開発だけに依拠するものではなく、どれだけ「一般的な治療が全国で受けやすくなってきたか」によると、千葉県がんセンター(研究所)がん予防センターの三上春夫部長は述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み