1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2020.12.11

Arecibo telescope to be decommissionedアレシボ天文台、解体へ

このページを印刷する

有名なアレシボ天文台が57年間の稼働を経て、倒壊の恐れにつながるケーブルの破損により解体されると、アメリカ国立科学財団は11月19日に発表した。

直径305メートルの電波望遠鏡の上で天体望遠鏡用の機器900トンを支えていた2本のケーブルは、8月10日と11月6日に破損していた。

構造を調査したエンジニアリング会社は、残りのケーブルは予想されていたよりも弱い可能性があると結論付け、制御された状態での解体を勧めており、同財団はこれを承認した。この天体望遠鏡は世界最大級のものの1つで、多くの天文学上の発見のツールとなってきた。

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

フルブライト語学アシスタント(FLTA)プログラム

70th 記念特設サイト スペシャル

iPad、Nintendo Switchが貰えるコンテストに参加しよう!

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み