1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.1.8

Mexico’s ‘tower of skulls’ yields more remainsアステカ時代の人骨発見

このページを印刷する

メキシコの考古学者は12月11日、メキシコシティの中心にある数世紀前のアステカ時代の「頭蓋骨の塔」で、女性と数人の子どもを含む119人以上の遺骨を発見したと発表した。

今回の新発見は、「フエイ・ツォンパントリ」の北東側が発見されてから5年後に、東側の部分が外側の正面と共に発見された後で発表された。

考古学者は、頭蓋骨の多くが捕らえられた敵の戦士のもので、頭蓋骨の塔はアステカ帝国の敵への警告として意図されたものだと考えている。アステカ帝国は1521年にスペインの征服者らによって倒された。

頭蓋骨の塔は直径4.7メートルある。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み