1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.1.22

Rhino remains found in Siberian permafrostシベリアの永久凍土からケブカサイ発見

このページを印刷する

ロシアの科学者たちは、シベリアの内陸地を1万2,000年以上前に歩き回っていたと思われるケブカサイの保存状態の良い化石をじっくり調べている。化石はヤクーツク地方のダイアモンド採鉱地域で発見された。

ロシアの広大なシベリア地域からは、類似する発見物が気候変動でより頻繁に見つかるようになっている。気候変動で、北極の温度は世界の他の地域よりも速いペースで上昇しており、永久凍土で長い間閉じ込められてきた土が解凍された地域もある。

科学者のValery Plotnikov氏によると、このサイは8月に川で見つかり、四肢は完全に残っていて、臓器のいくつかと、牙―こうした発見では珍しい―もあり、しかも毛まで残っているという。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み