1. ホーム
  2. 記事全訳
  3. 2021.2.12

Scientists help paralyzed mice to walk again脊髄損傷のマウス、歩行可能まで回復

このページを印刷する

ドイツの研究者は、脊椎損傷を負って麻痺したマウスを、脳内に注入された「デザイナータンパク質」を用いて、これまで哺乳類では回復不可能と考えられてきた神経の接続を再構築し、再び歩けるようにした。 

スポーツや交通事故で引き起こされることの多い人間の脊椎損傷では、筋肉と脳の間で情報を運んでいる神経繊維が全ては回復できないことで、損傷を負った人は麻痺したままになってしまう。

しかし、ルール大学ボーフムの研究者は、「デザイナータンパク質」を用いて、麻痺したマウスの神経細胞を再生するよう刺激することができた。この治療を受けた麻痺したげっ歯類(マウスのこと)は、2~3週間後に歩き始めたと、研究者は述べた。

学校・企業向け団体利用ついて 詳しくはこちら

定期購読申込み定期購読申込み無料試読申込み無料試読申込み

Alpha Online ログイン

初回ログインの手順はこちらをご確認ください。

ID・PW・Passコードをお持ちの方

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れですか?

Alpha Passコード

※Fujisan以外でご購読の方は初回にメルマガ会員登録を行い、ログイン時にID・パスワード・Passコードの入力が必要です。

Passコードとは?

紙面2面の下部に記載され、毎月更新されます。

メルマガ会員へのご登録
※新聞を購読していなくても登録できます

メルマガ会員になると、毎週の見どころを紹介するメルマガが届くほか、Alpha Onlineの英文記事を月5本までお読みいただけます。

メルマガ会員登録

※Fujisanマガジンサービスの提携サイトにてご登録となります

閉じる

定期購読申込み無料試読申込み

定期購読申込み無料試読申込み